2017-10

シャツが生き返る!

 今日、ネットのニュースで面白い記事を見つけました。シャツの襟と袖口を交換してくれるサービスです。シャツを着込んでいくとダメになってくるのが袖口と襟なんですね。襟は首回りが黄色っぽくなり、袖口は擦り切れてきます。
 私もスーツに合わせていたロンドンストライプのシャツが、襟と袖口がスリ切れてきてカジュアル用に下ろした経験があります。確かにこの部分を交換すれば、まだイケました。

 これは 「メーカーズシャツ鎌倉」 が行っているサービスで、同社製のシャツに限ったサービスです。また交換する襟と袖口は白しか選べません。ですが、ストライプシャツなどはクレリックシャツとして生まれ変わる訳です。また気分も新たに着られます。シャツを熟知したメーカーならではの発想ですね。私は気に入ってしまいました。

 実は私も同社製のシャツを1枚持っています。白いシャツです。以前、メーカーズシャツ鎌倉が話題になりテレビで紹介された時に買った物です。
 やはり仕立てが良いようで、肩から背中のフィット感も良く、第一ボタンを閉めても首が苦しくありません。意外とこの辺りがキチンと出来るシャツは少ないものです。初めて袖を通した時、感心した覚えがあります。
 あと襟の形も工夫してあるようです。ネクタイを締めると、襟先の首回りへの収まりが良いようです。ジャケットを着ると、Vゾーンがキマリます。

 このサービス、2500円で納期が約20日だそうです。お気に入りのシャツが生き返るなら安いものです。勿論、買うより安いです。私もイザという時には利用したいと思います。
 でも私のシャツは生地の織りが立体的になっているのですが、大丈夫でしょうか・・・。

         リンク: くたびれたシャツを復活させる方法 - 速報:@niftyニュース.

 < 池袋で整体カイロより肩こり腰痛を優しく改善【しんそう池袋西口】のホームページは
   こちらから >


 < 整体カイロとは違うしんそう池袋西口のケータイサイトはこちらから >
    shinso-ikebukuronishi.png 
 < 当院の施術で良い結果が得られた患者様へ・・・ >
 < ぜひ感想を こちら へお寄せください。        >

 < ホームページ や ブログ をお持ちの患者様へ・・・        >
 < しんそう池袋西口をホームページやブログでご紹介ください。 >
 < 当院ホームページからリンクを貼らせていただきます。     >
     
 腰痛、肩こり、骨盤矯正、猫背、坐骨神経痛、ヘルニア、四十肩、膝痛、片頭痛、そくわん
 内臓の不調、冷え性、生理痛、生理不順、更年期障害、アレルギー、花粉症などなど・・・
 しんそう は体の 「ゆがみ」 という不調の根本原因を取り、改善します
 
 にほんブログ村 健康ブログへ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinsoikebukuro.blog99.fc2.com/tb.php/467-544ff3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

しんそう療方®

しんそうロゴ(R付)
心と身体はひとつ
心と身体の不調は身体の形に
現れる
不調が呈する症状は見えない、
解らない、捉えどころがない
ならば、目に見える身体の形を
直そう
それが 「 しんそう療方® 」

身(体) と心はひとつとの考え
から 「 しん 」 という造語を作り、
それらの相 ( 様相,状態 ) を
正しい相に直すことから、
「 しんそう 」 と名付けられました。

<池袋の整体カイロは肩こり腰痛スッキリ改善の【しんそう池袋西口】のホームページはこちらから >

<整体カイロとは違うしんそう池袋西口のケータイサイトはこちらから>

院長のプロフィール

深澤 健一

Author:深澤 健一
大学卒業後、設備機器メーカーに就職。本当にやりたい仕事を求め、治療師の道を選ぶ。本物の技術を学ぶべく2002年から、「しんそう」の研修会に参加。各地での「しんそう」無料体験会に参加し、研修会の運営にも携わり実績を重ね、現在に至る。

池袋で生まれ育ち、しんそうと
アルファ・ロメオをこよなく愛する
池袋っ子です。
かに座,O型です。

ブログ村 (治療・治療師)

FC2ブログランキング
参加中!


健康ブログランキング
参加中!
にほんブログ村 健康ブログへ

目次

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

しんそうのリンク

しんそうの本部や他の先生方の    ホームページです

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: