2017-08

プロデュースします

 先日、治療院やサロンのプロデュースをするという会社の方がみえたので、お話を伺いました。名刺を見ると、建設会社でした。最近、岩盤浴や治療院などの工事を請け負っているので、プロデュースも手掛けるようになったようです。
 あちらの方が言うには、 「しんそう」 は知名度も低く、敷居が高いというのです (その通りだと思います) 。だから敷居を下げ、気軽に入れるように、 「時代背景があって、求められているもの、そしてしんそうのイメージを崩さないもの」 で集客するのが一番だそうです。具体的には、 「酸素バーと岩盤足浴」 だそうです。この二つはかなりの集客が見込めるとの事です。ですが、私はしんそうはそれだけで充分なので、他との組み合わせは必要ない旨を伝え、お断りしました。
 後で考えました。やはり治療業界も組み合わせか、と。やはり癒し系に傾いているという事でしょう。もちろん酸素は体に必要なものです。血行は良い方がいいです。でもやっぱり、しんそうを受けてからだの形を整えれば、呼吸がきちんとできるようになり必要量の酸素は体に入ってくるのです。岩盤足浴しなくても、きちんと血行が良くなるのです。しんそうだけで充分なのです。胸郭がゆがんだ状態で一時的に高濃度の酸素を吸入して、何になるのでしょう。一時的に足だけを温めて部分的に血行を良くして何になるのでしょう。私としては???なのですが、世間ではこのような物が求められているのでしょう。その会社の方も、何故いい物を組み合わせていけないのか、理解できない様子でした。
 やはり、このような考え方から変えないと、しんそうは理解できないものなのですね。私は、私の治療院にみえた患者さんだけでも、考え方を変えていただけるよう日々努力しております。
 みなさ~ん、わかってくださ~い。

 < 池袋で整体カイロより肩こり腰痛を優しく改善【しんそう池袋西口】のホームページは
   こちらから >


 < 整体カイロとは違うしんそう池袋西口のケータイサイトはこちらから >
    shinso-ikebukuronishi.png 
 < 当院の施術で良い結果が得られた患者様へ・・・ >
 < ぜひ感想を こちら へお寄せください。        >

 < ホームページ や ブログ をお持ちの患者様へ・・・        >
 < しんそう池袋西口をホームページやブログでご紹介ください。 >
 < 当院ホームページからリンクを貼らせていただきます。     >
     
 腰痛、肩こり、骨盤矯正、猫背、坐骨神経痛、ヘルニア、四十肩、膝痛、片頭痛、そくわん
 内臓の不調、冷え性、生理痛、生理不順、更年期障害、アレルギー、花粉症などなど・・・
 しんそう は体の 「ゆがみ」 という不調の根本原因を取り、改善します
 
 にほんブログ村 健康ブログへ 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinsoikebukuro.blog99.fc2.com/tb.php/119-f1c642b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

しんそう療方®

しんそうロゴ(R付)
心と身体はひとつ
心と身体の不調は身体の形に
現れる
不調が呈する症状は見えない、
解らない、捉えどころがない
ならば、目に見える身体の形を
直そう
それが 「 しんそう療方® 」

身(体) と心はひとつとの考え
から 「 しん 」 という造語を作り、
それらの相 ( 様相,状態 ) を
正しい相に直すことから、
「 しんそう 」 と名付けられました。

<池袋の整体カイロは肩こり腰痛スッキリ改善の【しんそう池袋西口】のホームページはこちらから >

<整体カイロとは違うしんそう池袋西口のケータイサイトはこちらから>

院長のプロフィール

深澤 健一

Author:深澤 健一
大学卒業後、設備機器メーカーに就職。本当にやりたい仕事を求め、治療師の道を選ぶ。本物の技術を学ぶべく2002年から、「しんそう」の研修会に参加。各地での「しんそう」無料体験会に参加し、研修会の運営にも携わり実績を重ね、現在に至る。

池袋で生まれ育ち、しんそうと
アルファ・ロメオをこよなく愛する
池袋っ子です。
かに座,O型です。

ブログ村 (治療・治療師)

FC2ブログランキング
参加中!


健康ブログランキング
参加中!
にほんブログ村 健康ブログへ

目次

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

しんそうのリンク

しんそうの本部や他の先生方の    ホームページです

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: