2017-11

5月です!写真を替えました (2016)

池袋にある、ゆがみ直しの治療院 「しんそう池袋西口」 の深澤です。

ゴールデンウイークも終わってしまいましたね。
最大10連休の方もいらっしゃったようです。

私はカレンダー通りに営業していたんですが、
連休のためか、何だかのんびりした気分になるんですよね。

写真は交換したんですが、ブログの更新が滞ってしまいました。
反省・・・。

先ずは玄関の写真です。

  玄関('16.5月)

鯉のぼりですね!
♪屋根より高いこいの~ぼ~り~
の歌を思い出してしまいました。

歌の通りに屋根より高いです。
今はこんなに大きな鯉のぼりを上げるのはまず無理です・・・。
戸建やマンションのバルコニーから吊り下がっているのを見るくらいですね。

そして見逃せないのは物干し竿。
もう、こんなふうに洗濯物を干していませんよね・・・。
竿を高い所に引っ掛ける棒が泣かせます。

マツダK360やスバルR-2があるという事は昭和40年代でしょうね。
私の幼少期には、確かにまだこういう風景があったんですよね。
懐かしいです。



次は待合室の写真です。

  待合室('16.5月)

これはスカッと晴れ上がった青空が爽やかですね。
空の青と建物の白そしてクルマの赤の3色から
ガソリンスタンドの活気が伝わってきます。

写真左端に66の数字が見えるので、
もしかしたらルート66沿いのガソリンスタンドではないでしょうか。

”ルート66”はアメリカで有名なテレビドラマになっていましたね。
私は見た事がありませんが・・・。

クルマのカタチからすると1950~60年代でしょうか。
古き良きアメリカのワンシーンですね。

今月はこの二枚です。
お越しの際はお楽しみに。

< 池袋の整体カイロは肩こり腰痛スッキリ改善の【しんそう池袋西口】のホームページは
  こちらから >


< 整体カイロをお探しのかたへ「しんそう池袋西口」のケータイサイトはこちらから >
    shinso-ikebukuronishi.png 
 < 当院の施術で良い結果が得られた患者様へ・・・ >
 < ぜひ感想を こちら へお寄せください。        >

 < ホームページ や ブログ をお持ちの患者様へ・・・        >
 < しんそう池袋西口をホームページやブログでご紹介ください。 >
 < 当院ホームページからリンクを貼らせていただきます。     >
     
 腰痛、肩こり、骨盤矯正、猫背、坐骨神経痛、ヘルニア、四十肩、膝痛、片頭痛、そくわん
 内臓の不調、冷え性、生理痛、生理不順、更年期障害、アレルギー、花粉症などなど・・・
 しんそう は体の 「ゆがみ」 という不調の根本原因を取り、改善します
 
 にほんブログ村 健康ブログへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinsoikebukuro.blog99.fc2.com/tb.php/1166-d9c16daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

しんそう療方®

しんそうロゴ(R付)
心と身体はひとつ
心と身体の不調は身体の形に
現れる
不調が呈する症状は見えない、
解らない、捉えどころがない
ならば、目に見える身体の形を
直そう
それが 「 しんそう療方® 」

身(体) と心はひとつとの考え
から 「 しん 」 という造語を作り、
それらの相 ( 様相,状態 ) を
正しい相に直すことから、
「 しんそう 」 と名付けられました。

<池袋の整体カイロは肩こり腰痛スッキリ改善の【しんそう池袋西口】のホームページはこちらから >

<整体カイロとは違うしんそう池袋西口のケータイサイトはこちらから>

院長のプロフィール

深澤 健一

Author:深澤 健一
大学卒業後、設備機器メーカーに就職。本当にやりたい仕事を求め、治療師の道を選ぶ。本物の技術を学ぶべく2002年から、「しんそう」の研修会に参加。各地での「しんそう」無料体験会に参加し、研修会の運営にも携わり実績を重ね、現在に至る。

池袋で生まれ育ち、しんそうと
アルファ・ロメオをこよなく愛する
池袋っ子です。
かに座,O型です。

ブログ村 (治療・治療師)

FC2ブログランキング
参加中!


健康ブログランキング
参加中!
にほんブログ村 健康ブログへ

目次

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

しんそうのリンク

しんそうの本部や他の先生方の    ホームページです

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: